読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メールサーバ

CentOS

メールを取り扱うソフトウェアは3種類

  1. MTA (Message Transfer Agent) SMTPサーバとも呼ばれる
  2. MDA (Mail Delivery Agent) ローカル配送プログラム
  3. MUA (Mail User Agent) PCで利用するメールソフトウェア(メーラ)

メール配送の仕組み

  1. 送信側の MUA がメールを送信する
  2. MUA からメールを受け取った MTA1 がまず DNSサーバに問い合わせて、配送先 MTA を調べ、MTA2 へメールを配送する
  3. MTA2 はメールを受け取ると、MDA があて先となっているユーザーのメールボックスにメールを格納する
  4. 受け取り側の MUA がPOPサーバやIMAPサーバを経由してメールボックスからメールを取り出す

MUA からメールを MTA に送信するときや、MTA 間でのやりとりには SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) というプロトコルが使われる。
MUA がメールを受信する際には POP (Post Office Protocol) や IMAP (Internet Message Access Protocol) がというプロトコルが使われる。
POPサーバやIMAPサーバは通常、SMTPサーバと同じマシンで動作していることが多く、合わせてメールサーバと呼んだり、呼ばなかったり、らじばんだり